Casino dealer

カジノディーラーについて徹底解説!オンカジ豆知識!ラッキーニッキー

もくじ✅ カジノディーラーという役割と職業について✅ カジノディーラーのお給料事情をざっくり公開✅ カジノディーラーとして世界を股にかけて活躍してみよう✅ カジノディーラーは今後日本でも需要が急激に増える可能性も!✅ カジノディーラーと楽しめるおすすめのライブカジノ✅ まとめ カジノディーラーという役割と職業について カジノディーラーの役割は簡単に言うとゲームの進行役です。 ランドカジノではカジノの王様として大人気の「バカラ」、そして映画でお馴染みのきらびやかなカジノの世界観を演出しているカジノの女王として親しまれている「ルーレット」、白熱した心理戦が繰り広げられる「ブラックジャック」などで大活躍をする花形の職業です。 カジノディーラーは手慣れた手つきでかっこよくゲームの進行をこなし、お客様に楽しんで頂くためにゲームや会話を盛り上げるという職業です。 ラスベガスはもちろん、最近ではマカオやフィリピンなどのアジア圏内でもカジノディーラーという職種は大人気です。 特に南国の陽気でセクシーなカジノディーラーは世界各国のカジノプレーヤーから人気がありますね。 カジノディーラーのお給料事情をざっくり公開 カジノディーラー華やかなイメージある職種だけにそのお給料事情はみんなが気になるところです。 カジノディーラーのお給料はキャリア、そして勤務地の国の物価により異なります。 全ての平均値をとってわかりやすくお伝えすると、スタートポジションのカジノディーラーの月額のお給料は大体20万円~25万円程度が一般的です。 華やかなイメージとは裏腹に以外と低いという印象ではないでしょうか? ただし、‘海外ではチップの文化があり、お客さんがチップをくれるというのは当たり前になっています。 チップの額はランドカジノの規模によっても異なりますが、ラッキーニッキーの調査によるとチップだけで基本月給を上回るなんて言うことも決して珍しくはないようです。 これはオンラインカジノのカジノディーラーも同じです。 そうなるとスタートポジションのカジノディーラーでも月給にして手取りで50万円~60万円、あるいはそれ以上になることもあるんです。 カジノの世界では1プレイで数万円、数十万円、さらにバカラなどでは1プレイで数百万円もベットするハイローラーと呼ばれるプレーヤーさんが世界に多数存在しています。 そんな方たちのチップもさぞ大きいことでしょうね(笑) さらにカジノディーラーが出世していくと、フロア全体を管理するフロアマネージャー、さらにカジの全体のテーブルを管理するマネージャーにもなることが出来るのが’カジノディーラーという職業です。 勤務地も世界各国を飛び回り、きらびやかで豪華なカジノの世界観を味わいながら仕事ができるとても魅力のある職業がこのカジノディーラーです。 カジノディーラーとして世界を股にかけて活躍してみよう カジノディーラーは世界を股にかけて働くことの出来る夢のある職業です。 この章ではわたしたちラッキーニッキーがどうやったらカジノディーラーになることが出来るのかを簡単に解説しちゃいます。 日本国内でもカジノ法案の成立によってカジノディーラーという職業は今まで以上に注目されてくると思います。 そして、カジノディーラーになるための1番近道は国内の専門学校で基本知識とスキルを習得して学校からスキル取得を証明してもらうということです。 えっ日本にそんな専門学校あったの?と驚かれている方も多いのではないでしょうか。 実は日本国内にも有名なところで日本初のカジノディーラー養成機関といて知られている日本カジノスクール、そして国内最大級のカジノディーラー育成機関の日本カジノ学院などがあります。 コースも様々で、短期集中からスタンダード、エクスパート、バカラ専門やブラックジャック専門など様々です。 最短で3ヶ月、最長でも1年で卒業することが出来ます。 カジノの専門学校の授業風景はこんなイメージです。 学校内は広々としていてマンツーマンで教えてくれます。 いいですよね~。 海外で働くには世界標準言語の英語を日常会話程度マスターしておく必要があります。 日常会話程度の基本英語って言ってみれば中学生程度の語学力でいいんです。 もちろん堪能なことに越したことはありませんが、現地人と接しているうちによく使われる言葉や言い回しは自然と覚えます。 また、カジノ施設ごとに技能試験があります。 それにパスするとカジノディーラーとしてその施設内で働くことが出来ます。 カジノディーラーは特殊な専門職なのでカジノディーラーで働いたことのある方にしかわからない生の情報を配信したりしても面白いかもしれませんね。 私たちラッキーニッキーのスタッフも挑戦してみようかしら!なんて思ってます(笑) カジノディーラーは今後日本でも需要が急激に増える可能性も! カジノディーラーは今後日本で一気に需要が高まると予想されています。 2020年11月現在は世界で猛威を奮っているコロナウイルスの自粛ムードの影響もあり、東京オリンピックの開催が延期になりカジノ法案成立を受けて統合型リゾート施設の候補地、建設も見送られていますが、近いうちにまた急展開されるでしょう。 その時に、すでにカジノディーラーとしての知識や経験を得ていたら、日本国内の場合はいきなり管理職として高待遇を受けることも出来るかもしれませんよ。 今は手に職の時代ですし、将来お金を稼ぐ手段の1つとしてカジノの現役ユーザーでありつつカジノディーラーの経験もあるなんて素敵なことだとラッキーニッキーは思います。 みなさんもカジノディーラーのエキスパートとして配当を瞬時に計算してチップを配り、無駄のない可憐な手さばきでプッれーや-を魅了し、巧みな話術でカジノエンターテイメントの主役になることが出来るかもしれませんね。 是非、興味ある方は挑戦してみてくださいね♡ カジノディーラーと楽しめるおすすめのライブカジノ 最後にラッキーニッキーのオススメのライブカジノをみなさんにご紹介したいと思います。 ラッキーニッキーが今もっともオススメするのはSAゲーミング(SA Gaming)のライブカジノゲームです。 この記事を読んでくださっているベテランユーザーさんは「えっ?なんでエボリューション(Evolution)じゃないの?」って思っていることでしょう(笑) もちろんエボリューションゲーミング(Evolution Gaming)は卓数の多さと賞金のダブルアップが狙える画期的なライトニングシリーズ、そして万ドルベットも可能なプライベートサロン、美男美女の多数のライウディーラーと魅力がありますが、今回オススメするSAゲーミング(SA Gaming)はアジアなんばーNo.1プロバイダーとしてとにかくライブディーラーが可愛くて有名なんです。 SAゲーミングのライブカジノでは選びぬかれたアジア屈指の美人ライブディーラーと特殊なライブゲームの数々も楽しむことが出来ます。 テレビでも話題になり、本場のランドカジノでもひときわ目を引くマネー・ホイール(Money Wheel)や、中国発祥のゲームで、竹竿で球を4つのグループに分けて残った玉の数を予想してベットするファンタンも美しいライブディーラーと楽しくチャットしながら遊ぶことが出来ますよ♡ ラッキーニッキーでは現在、500ゲーム以上のライブカジノを取り揃えてみなさんをお待ちしています。 まだラッキーニッキーカジノ(LuckyNiki)のアカウントををお持ちでない方はこのページ内のバナーリンクからの登録で今だけ、限定で30ドルの特別入金不要ボーナスをプレゼント中です♪ このチャンスを是非お見逃し無く♡ …

Casino houan

カジノ法案の概要解説|オンラインカジノの今後を予想|ラッキーニッキー

もくじ✅ カジノ法案とは?✅ カジノ法案で設けられている規制について✅ カジノ法案の可決によりオンラインカジノはどうなった?✅ カジノ法案成立から予測するオンラインカジノの今後は?✅ まとめ カジノ法案とは? まず、はじめにラッキーニッキーカジノ(LuckyNiki)がカジノ法案とはなんなのかを簡単に解説しますね。 カジノ法案の正式な名称は『特定複合観光施設区域(IR)の整備の推進に関する法律』といいます。 このカジノ法案は『IR推進法案』と呼ばれており、カジノだけではなく、カジノを含む統合型リゾート施設の建設、営業を許可しちゃおうというものなんです。 IRは「Integrated Resort」の頭文字を取った略称で統合型リゾート施設全般を指す言葉です。 統合型リゾート施設はカジノ施設を含み、ホテル、映画館、レストラン、スパ、ジョッピングモールなどを含むリゾート施設のことです。 マカオの5スターホテル、ベネチアンなどは良い例でホテルから一歩も外へ出ずに全ての欲求を満たすことが出来ます。 もちろん、ベネチアンのカジノ施設は24時間熱気で溢れかえっています。 このカジノ法案は2016年12月に正式に可決されました。 そしてこのカジノ法案は、実は1999年にあの前石原慎太郎東京都知事が提案した『お台場カジノ構想』が原案になっているんです。 カジノ法案は、コロナ問題がなければ開催されるはずだった2020年東京オリンピックに向けて発案されたと思われがちですが実は違うんですね。 さすが石原さんは先見眼がありますね。 当時は賛成派と反対派に分かれカジノ法案として成立するまでに17年もかかったんです。 カジノ法案が可決された狙いはもちろん経済の低迷からの脱出です!(笑) 実際に世界の統合型リゾート施設ではインバウンド誘致が及ぼす経済効果は絶大で、複数の統合型施設をまとめると観光収入が倍増するとまで言われているんです。 さらに大型施設なので雇用機会の増加、そして今まで観光客に伸び悩んでいた地域に統合型リゾート施設を建設することで地域の大幅な活性化にも繋がります。 簡単にまとめるとカジノ法案とは政府が経済効果を大きく期待して成立させた法律で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を許可しちゃおうというものです。 カジノ法案で設けられている規制について ここではラッキーニッキーカジノ(LuckyNiki)が、カジノ法案で定められたランドカジノに関する規定について解説してみますね。 カジノ法案の成立により懸念されるいくつかの問題に対応するため、カジノ法案ではランドカジノに対する規定を定めています。 ランドカジノの営業にあたり懸念されたことは以下のようになっています。 治安が悪化する可能性 カジノ法案の成立によりランドカジノの営業が許可されることで反社会勢力が来場することにより施設内の治安が悪化する可能性があると懸念されています。 マネーロンダリング これもランドカジノの世界ではよく言われている話です。 不正に入手した資金の出どころをカジノで一回遊んで換金することで分からなくする行為(資金洗浄)、つまりマネーロンダリングに悪用されることが懸念されています。 ギャンブル依存症 このギャンブル依存症はカジノ法案の可決に伴い、最も懸念されていることです。 日本国内では特にパチンコやパチスロ、競馬などで様々な家庭問題などを引き起こしています。 ただし、この懸念は日本人来場者に限ったもので、観光客の外人さんに対しては世界共通のルールでパスポートの提示のみとなっているようです。 ではカジノ法案の可決により日本人プレーヤーに求められている規制について具体的に解説しますね。 2020年11月現在、カジノ法案ではランドカジノについて日本人には以下の規制を設けています。 ✓入場料は1回につき6000円 ✓1週間に3回までの入場を許可する(同施設内) ✓1ヶ月に10回までの入場を許可する(同施設内) ✓入場の度に本人確認としてマイナンバーカードの提示 条件をよく見てみると殆どがキャンブル依存症に対する規制ということがお分かり頂けると思います。 特に最後のマイナンバーカードについては国民全体でも取得している人は全体の60%未満友いわれており、この規制を設けることでギャンブル依存症対策に有効と政府は考えているようですね。 このようにギャンブル依存症に対する日本人に対する規制は設けて入るものの、日本政府がカジノ施設の導入を認めたことは大きな進歩だとラッキーニッキーは思っています。 ランドカジノの熱気と興奮は体験した人にしかわからないものです。 さらにオンラインカジノ同様に大きな夢がある場所であることは間違いないですからね。 カジノ法案の可決によりオンラインカジノはどうなった? ここではラッキーニッキーカジノ(LuckyNiKi)が、カジノ法案の可決によりオンラインカジノはどうなったのかについて解説してみたいと思います。 結論から言うと今までのままで、ランドカジノとは別の私たちのような海外で正式な運営ライセンスを取得しているカジノサイトについての法律はないという状況です。 ただし、カジノ法案の資料、IR推進会議取りまとめ(概要)をみてみるとはっきりと「オンラインカジノの禁止」と記載されています。 えっ?矛盾している。。。と思いますね? でも実はこれ、意味が異なり、運営を許可されたランドカジノ業者はあくまでも施設内のリアルカジノ限定でインターネットを使用したオンラインカジノを営んではいけないですよということなのです。 カジノ法案ではIR事業者たちは政府からライセンスを発行してもらう義務があります。 なのでこの規制はわたしたちラッキーニッキーをはじめとするオンラインカジノに対するこもではなく、これからライセンスを取得するIR業者たちに向けた規制なのです。 なので、改めてカジノ法案の詳細に目を通しても依然としてオンラインカジノに対する規制はありませんでした。 まとめると、海外で正式な運営ライセンスを取得して、海外で運営しているサイトにアクセスして遊ぶことは、海外旅行に行きランドカジノを楽しむことと変わりはなく、日本の法律、賭博法の適用外なので問題はないということですね。 カジノ法案が成立したからと言って現時点ではオンラインカジノに関する状況は変わらないままです。 カジノ法案成立から予測するオンラインカジノの今後は? カジノ法案が成立して私たちカジノ側も、そしてみなさんもオンラインカジノの法律ができる日が近い!と思った方も多いのではないでしょうか? わたしたちラッキーニッキーもそのように考えています。 今年入って早々に世界的に猛威を奮っているコロナウイルスの影響が大きく自粛ムードが漂う中、オンライン上ですべての取引が完結するオンラインカジノ業界は逆に大盛りあがりをみせています。 オンラインカジノはコロナウイルスの感染リスクもゼロ、そして移動費も必要なくご自宅で金銭的、時間的に余裕があれば好きなだけ遊ぶことが出来ますからね♡ そして、現在、カジノ業界の本場、ヨーロッパからも数多くのオンラインカジノが日本に進出してきています。 …